韓国人「日本がPAC3を配備…いい加減にしろ!」

68pt   2017-08-13 18:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

日本防衛省、領土内北ミサイル落下時の迎撃破壊命令…パトリオット配置


日本政府が北朝鮮の長距離弾道ミサイル(IRBM)発射の示唆発言と関連し、自国の西にパトリオットミサイル(PAC 3)4基配置した。

12日、共同通信とNHKなどによると、日本の防衛省はこの日未明、広島県海田市、島根県の出雲、高知県の高知、愛媛県の松山の自衛隊駐屯地にそれぞれ1基ずつPAC 3を展開した。

北朝鮮がIRBMの火星12型4発を日本上空を通過して、グアムの周辺に発射すると明らかにした二日後に北朝鮮の対応ミサイルが通過する日本の地域にパトリオットを配置したものである。

キム・ラクギョム北朝鮮軍戦略軍司令官は10日、火星-12型4発を同時発射し、グアムを範囲射撃する案を検討しているとし、火星-12型は、日本の島根県、広島県、高知県上空を通過すると発表している。

これを受けて小野寺五典防衛相は11日、北朝鮮のミサイルがグアムに向かうが軌道を離脱して、日本の領土内に落下する場合を想定してPAC 3を移動配置し、破壊命令を下した。

日本はイージス艦に装備された迎撃ミサイル「SM-3」で1次迎撃をして、失敗したときPAC-3で2段階迎撃するミサイル防衛(MD)システムを備えている。

防衛相はまた、SM-3を搭載したイージス艦を日本海側に送り警戒監視を強化した。


20170813-17.jpg


聯合ニュース
https://goo.gl/xWZBLb



   おもしろニューストップページへ
の話題が沢山。