ベトナム「韓国語を第1外国語正式教科として採用する」 韓国人「えぇ…」

30pt   2020-11-21 12:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

ベトナム「韓国語を第1外国語正式教科として採用する」


20201121-01.jpg


ベトナムのグエン・ト・チュン外国語計画運営委員会副委員長は、「現在、第1外国語としての韓国語教育課程の設計を指導している。来年に教育課程が通過するだろう」と明らかにした。

チュン副委員長はこの日、ハノイ国立外国語大学で3日間の日程で開幕した「2020ベトナム世宗学堂ワークショップ」の祝辞でこのように明らかにした。

ベトナムで第1外国語は小学校3年生から、第2外国語は中等学校で選択科目として教える外国語を意味する。

これと関連して、2016年に中等学校のモデル教育科目に選定された韓国語が早ければ来年に正式教科に採択され、教育対象も小学 生へと拡大する見通しだ。

現在、ベトナムでは全国6つの中高校が韓国語のモデル教育機関に指定され、中高校生1500人余りが韓国語を学んでいる。

パク・ヤンウ文化体育観光部長官はこの日のワークショップ映像歓迎のあいさつで「早期に韓国語がベトナムの第2外国語正規科目として採択されることを期待している」と述べた。

一方、ベトナム韓国学術研究学会によると、現在、全国32の大学で韓国語を正規科目として教えており、今年10月現在の正規韓国語学習者は1万6000人余りと集計された。

また、ハノイ国立外国語大学に2018年韓国語修士課程が開設され、ホーチミン国立外国語大学や国立人文社会大学も韓国学修士課程の開設を準備するなど、ベトナムで韓国語を学ぶ熱気が高まっている。




ガセンギ
ttps://ux.nu/3T3QR

   おもしろニューストップページへ
の話題が沢山。