韓国人「韓国の裁判所が日本の味方するのかよ…」 日本の強制徴用裁判最高裁判事の家宅捜索また不発…令状、続けて棄却

51pt   2018-08-11 07:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

日本の強制徴用裁判最高裁判事の家宅捜索また不発…令状、続けて棄却


「強制徴用裁判関与」主審最高裁判事相手に令状
「裁判の本質的な部分へ侵害を懸念」令状棄却
審議官・裁判所行政処など相手令状も全て棄却



20180811-01.jpg


司法行政権の乱用疑惑を捜査している検察が前・現職最高裁判事を相手に押収捜索令状を請求したが、裁判所はまた棄却した。

10日、検察によると、ソウル中央地検特捜1・3部は前日、裁判取引疑惑などの捜査のために前・現職最高裁判事などを相手に押収捜索令状を請求した。

押収捜索対象は強制徴用裁判に関与した前・現職主審判事をはじめ、強制徴用と慰安婦訴訟関連のレポートを作成し、外交部の関係者と接触した裁判所行政処前・現職勤務者である。前・現職裁判研究官らのアーカイブと裁判官人事不利益関連裁判所行政処人事資料も対象に含まれた。

しかし、令状を審査したソウル中央地裁バクボムソク令状担当部長判事はこの日、これを全部棄却した。

パク部長判事は、前・現職主審判事などの資料は、「裁判の本質的な部分を侵害する可能性がある。」という理由で令状を棄却したという。検察は最高裁判事のオフィスを直接家宅捜索ではなく、これらが使用されたコンピュータのハードディスクを最高裁1階の資料検索室に提出を受け、事務局参観の下に関連するデータだけを抽出するという趣旨の令状を棄却したのは納得できないという立場だ。


20180811-02s.jpg

司法行政権の乱用疑惑を捜査しているソウル中央地検特捜1・3部、3日午前昌原地裁馬山サポートのキム某部長判事のオフィスや住居などの2~3ヶ所を押収捜索している様子。 2018.08.03



これと共にパク部長判事は、裁判取引疑惑文書を作成し、外交部の関係者と接触した前・現職審議官の押収捜索令状は「イムジョンホン前次長の指示に従ったものであるだけ」という理由で棄却したという。押収捜索をするには、文書作成や関係者の接触以外の行為があったことを追加で釈明するようにという趣旨だ。

裁判所行政処材料はすでに十分提出され、提出されていない資料の場合は、任意の提出要求を拒否したことで、見ることができないという理由で棄却された。裁判官の人事不利益関連資料については、事務局が裁判官の同意を得て関連資料を提出することができるだろうというのが令状棄却事由に言及された。

先に検察はヤンスンテ前長官とパク・ビョンデ前法院行政処長、イギュジン前量刑委員会常任委員などをはじめ、前・現職審議官などに対する押収捜索令状を請求したが、ほとんど棄却された。検察が押収捜索した対象は、イムジョンホン前、裁判所行政処次長、外交部、共用文書2万4000件を削除したキム某部長判事などである。


NEWSIS
https://goo.gl/jb1VQL



   おもしろニューストップページへ
の話題が沢山。