日本「韓国は重要な隣人」→日本与野党議員60人靖国参拝 韓国人「 」

10pt   2017-12-07 15:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

日本与野党議員60人、A級戦犯合祀靖国神社集団参拝


20171207-01.jpg

靖国神社を集団参拝する日本の与野党議員ら(東京AFP通信)、日本の与野党議員が5日(現地時間)第2次大戦のA級戦犯が合祀された東京の靖国神社に集団で参拝している。



日本の与野党議員60人が5日、第2次大戦のA級戦犯が合祀された帝国主義日本の象徴である靖国神社を集団参拝した。

NHKと共同通信によると、「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」(以下、靖国参拝議員の会)所属議員はこの日の午前千代田区の九段北靖国神社を一緒に参拝した。



20171207-02.jpg

日本与野党議員、靖国神社集団参拝。日本の与野党議員が5日、第2次大戦のA級戦犯が合祀された東京の靖国神社を集団で参拝している。 「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」所属の彼らは、衆議院選挙のために、昨年10月の例大祭時に行かなかった際、後に実施すると述べた。



この日の集団参拝は衆議院選挙期間中という理由で、昨年10月の推計例大祭(例大祭・祭祀)に、参拝しなかったことが後になって実施されたものである。

当時この団体は、尾辻秀久会長が参拝し、残りの議員は選挙が終わった後、集団参拝すると明らかにした。

この会所属の議員は、毎年春季大祭、秋季大祭、終戦記念日(8月15日)など、靖国神社を集団参拝している。秋季大祭は春季大祭と靖国神社の最も重要な祭祀の一つだ。

過去秋季大祭には、安倍晋三首相が「内閣総理大臣安倍晋三」名義で真榊(まさかき)という賛辞を奉納した。 2012年末の第2次安倍政権が発足して以来、初めて閣僚は1人も参拝をしなかった。

安倍首相の側近である衛藤晟一首相補佐官は、秋季大祭時に続いて、この日再び参拝し、安倍内閣では、奥野信亮総務部の代わりに、佐藤正久外務副大臣等がこの日靖国神社を訪れた。

尾辻秀久会長は「北朝鮮の動きがあるので、新たに合祀される方が絶対出ないことを祈りながら参拝した」と述べた。

靖国神社は、近代日本が起こした大小の戦争で死亡した約246万6千人を神として崇めている。極東軍事裁判(東京裁判)によって絞首刑にされた東条英機元首相をはじめ、太平洋戦争のA級戦犯14人も合祀されている。


20171207-03.jpg

日本ん帝国主義の象徴靖国神社入口。15日、東京千代田区靖国神社の入り口の様子。靖国神社には太平洋戦争A級戦犯14人を含めて246万6千人が合祀された帝国主義の日本の象徴である。 2017.8.15


聯合ニュース
https://goo.gl/S6iYMG



   おもしろニューストップページへ
の話題が沢山。