ノーベル平和賞のICAN“日本は核の傘から離脱を” [TBS]

31pt   2017-12-07 07:56
かたすみ速報

1: ひろし ★ 2017/12/07(木) 00:04:44.60 ID:CAP_USER9  ノーベル平和賞を受賞する核兵器廃絶国際キャンペーン=ICANは、JNNの取材に「日本は核兵器廃絶のリーダーになる力がある。アメリカの核の傘から離れるべきだ」との考えを示しました。
 「ICANの本部です。本当に小さな部屋から世界的な賞をとったんだなというのが第一印象です。長崎からの折り鶴もあります」(記者)
 スイス・ジュネーブにある本部で働くスタッフはわずか4人ですが、ICANには世界468団体が参加しています。ICANは今年7月の核兵器禁止条約の制定に貢献したなどとして、ノーベル平和賞を受賞しています。被爆国、日本が「抑止力としての核を容認」する立場で条約を批准しなかったことについては、こう話しました。
 「安倍首相はトランプ大統領側に立っている。彼は核のリスクや核兵器が使われる可能性を増大させるレトリック(物言い)を使う方を選んだ」(ICAN ダニエル・フーグスタさん)
 一方で、「日本は核兵器禁止条約においてリーダーになる力がある」として、こう訴えました。
 「日本はアメリカに“我々に核の傘はいらない”“それに代わる道を追求したい”と言うことができるはず」(ICAN ダニエル・フーグスタさん)
 10日にノルウェーで行われる授賞式前後には、日本の被爆者らとともに核兵器の廃絶を世界に訴えていく予定です。

TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3231818.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512572684 c?ro=1&act=rss&output=no&id=7648270&name
   おもしろニューストップページへ
の話題が沢山。